雑記うどん

一夏でPC3回壊れたンゴ

SM1+

 1/27に強化拡張パック サン&ムーン(通称「SM1+」)が発売しました。よくあるカードが全て光っているパックで値段も割高となっています。その中身の多くはSM1等からの再録で、一部新規が入っているという感じです。

・ラランテス

特性により、自分の草または炎タイプのワザのダメージを20点増える。関係の無い草や炎デッキに入れるのは負担が大きいので(ちからのハチマキで十分)ラランテスGXを主軸としたデッキに少数挿すことになるだろう。巨大植物の森で奇襲気味に打点を上げることもできる。

 

・クワガノンGX

雷1で50点、トラッシュのエネを1枚自分につける。このワザだけでもまあまあの打点があり、また一応特殊エネもつけることができる。真ん中は雷1無3で180点、自身についているエネを2個トラッシュ。クワガノン(SM1)の特性や上のワザで補いたい。GXワザは雷1無2で相手のベンチ全員に60点。小物を並べる相手に滅法強いがそうでない相手にはあまり刺さらない。バトルポケモンにダメージが与えられないのも痛いか。

 

・オドリドリ(ふらふら)

手札からベンチに出したとき山札から基本エネを2枚まで手札に加える。要するにポケモン版はかせのてがみである。HP90なのでレベルボールに対応するのも評価点。特性を使った後は置物になってベンチを圧迫するのでパラレルシティなどで処理したい。

 

・オドリドリ(まいまい)

無1で相手のトラッシュのポケモンの数分相手のポケモンに好きなようにダメカンを乗せるワザを持つ。よるのこうしんやビークイン等のトラッシュにポケモンを溜め込み、HPも多くないデッキに対して強く出られる。無1なので次元の谷に対応しているだけでなく使うデッキを選ばないのもポイント。余談だが、オドリドリの各スタイルの色はその島の守り神の色に対応している。

 

ルナアーラ

上のワザは超1で自身についた超エネの数*40点、下のワザは超3で130点、自身についたエネを全てベンチに好きなように付け替える。エネの数に比例して火力が上がるワザは多いが2進化だけあってその中でも倍率が高め。ただしGXを倒したいからとあまり多くのエネを集中させると倒されたときに巻き返しが難しくなるので注意。下のワザでエネが離れてもルナアーラGXがいれば即座にエネをこのポケモンに戻すことができる。月輪の祭壇のことを考えると分散させておくのがよいか。

 

ソルガレオ

鋼1無1で相手のポケモン1体に50点のワザと、鋼2無1で170点、次の番このワザが使えなくなるワザを持つ。ベンチ狙撃50点は強力で半端なたねポケモンなら一撃で落とすことができる。下のワザはにげエネの重さも相まってデメリットが重たいもののソルガレオGXの特性でバトル場から離すことで帳消しにできるため相性が良いだろう。

 

ニンフィアGX

妖1で山札から好きなカード3枚を手札に加えるワザ、妖1無2で110点のワザ、妖1無2で相手のベンチ2体とついているカードを手札に戻させるGXワザを持つ。イーブイ(XY7,SM1)の特性により妖エネを貼れば即座に進化でき、すぐにワザでサーチを行うことができる。現状では数少ない後攻を選ぶ理由になりうるかもしれない。Nに弱いのはご愛嬌。GXワザはポケモンカードでは非常に珍しいポケモンを手札に戻させる効果。たねポケモンを戻してもあまり意味が無いので進化ポケモンを狙いたいところ。

 

・ジジーロンGX

無1で20点、相手の特殊エネをトラッシュ。打点は低めだが効果は刺さる相手には刺さる。無3で80点、自分のベンチにダメカンが乗っていれば70点を追加。緩い条件で高打点を狙うことができる。GXワザは無1で自分の手札を山札に戻し、10枚カードを引くというもの。大幅な手札補強を行えるが番が終わってしまうのでやはりNに弱いのがネック。高いHPと上二つのワザのお陰で所謂「ゲロジュナ」デッキに強く出られるのがポイント。

 

・こだわりハチマキ

つけているポケモンがGX、EXに与えるダメージが30点増える。つけるポケモンは限定されておらず主に打点を確保したい仮想敵がGX、EXとなりやすいため強力などうぐ。打点の都合GXがGXをメタるために使われやすいか。

 

・月輪の祭壇

超または悪エネがついているポケモンのにげエネが2つ減る。エネを貼る必要がある点に注意。また、超には次元の谷やミステリーエネルギー、悪にはシャドーサークルという優秀な効果を持つカードもあるため採用するかはそれらとの兼ね合いを考えて。ちなみに「月輪」の読みはがちりん、がつりん、げつりんなどがあるがこのカードは前者が正しいのでカード名を読む際は気をつけよう。

 

・日輪の祭壇

鋼、炎タイプの弱点を無くす。炎ではボルケニオン(XY11)、鍛冶屋のようなトラッシュ利用が重要となるため灼熱の大地の方が優先されるだろう(枠があれば併用してもよい)が、鋼のスチールシェルターは活かせる場面が限定的(こちらもだが)であるため不利から対等まで持ち込めるこちらを優先したいか。

 

レアものの数がブレていたりそもそもパックの値段が高かったり再録枠が多すぎたりと私の周りでもこのパックに苦戦している人がちらほら見られました。私は買っていないのでよく分かりませんが。UBがカード化されるのを楽しみに待っています。