雑記うどん

TNリデル

きゅーぽけオフ~2016夏の陣~使用構築(レパガッサメタモン)

 きゅーぽけオフ夏の陣お疲れさまでした。前回に引き続き4位という好戦績を出すことができましたので、使用したパーティを記録しておきたいと思います。

f:id:mulberry218:20160828225922p:plainf:id:mulberry218:20160828225943p:plainf:id:mulberry218:20160828230001p:plain

f:id:mulberry218:20160828225818p:plainf:id:mulberry218:20160828230023p:plainf:id:mulberry218:20160828230045p:plain

 今回使用したパーティは所謂「レパルガッサメタモン」です。有名な並びでやることも決まっているので詳しい説明は割愛します。

 

レパルダス

持ち物:たべのこし

性格:おくびょう

特性:いたずらごころ

技:ねこのて/いばる/イカサマ/みがわり

努力値に関してはSぶっぱ、H実数値163にして残りBとしています。素早さが高いことと一致ということでイカサマの火力がまあまあ出ることも意識して動かします。

 

キノガッサ

持ち物:どくどくだま

性格:わんぱく

特性;ポイズンヒール

技:きあいパンチ/まもる/キノコのほうし/カウンター

詳しい耐久は覚えていませんがガルーラの捨身くらいなら耐えます。ラムカゴを予め潰したりガルーラ等の相手をさせたり、クッション(捨て)にしたりと用途は多岐に渡ります。みがわりを貼られて詰むこともあるので扱いは慎重に。攻撃に全く振っていないのできあいパンチの火力が若干足りなかったりもします。

 

メタモン

持ち物:こだわりスカーフ

性格:れいせい

特性:かわりもの

技:へんしん

当然Hぶっぱで他は適当です。めざ岩個体。面倒ですがガモス入りに対して表裏選出問わず動きやすくなるのでちゃんと厳選しましょう。相手のパーティにサーナイトヘラクロス辺りがいてもこのポケモンで削っておけば問題なく突破できます。相手側の耐性がおざなりになっていることもあるので削りどころか(威張るによるお膳建て無しで)3タテすることも。

 

・ガルーラ

持ち物:ガルーラナイト

性格:やんちゃ

特性:きもったま

技:ねこだまし/すてみタックル/れいとうビーム/ふいうち

Aぶっぱ、Cは耐久無振りのガブリアス確一まで、残りはBに振っています。ねこすてみにAぶっぱの火力、特殊技も搭載と欲張った構成。ふいうちを炎技に変えるのもアリ。

 

ボルトロス(化身)

持ち物:オボンのみ

性格:ずぶとい

特性:いたずらごころ

技:ボルトチェンジ/でんじは/めざめるパワー(氷)/くさむすび

物理耐久はガルーラのねこすてみ耐えくらいだったかな?アローに対してクッションとして投げたりゲッコウガやゲンガーに電磁波を入れたりが主な役割。最後の技枠はきあいだまやちょうはつ辺りも候補ですが火力も大して出ないのに命中不安な技を使うのも嫌なのでくさむすびにしました。ちょうはつも十分候補です。

 

・ゲンガー

持ち物:いのちのたま

性格;おくびょう

特性:ふゆう

技:シャドーボール/ヘドロばくだん/きあいだま/みちづれ

特筆することもないCS振りのアタッカー型です。草タイプや妖ボイス勢、ガルーラやヘラクロスに強く出られます。一度も選出しませんでしたが。

 

よく知られた並びのためあまりパーティのことを長々と書いても仕方ないので表・裏選出の基準でも記そうと思います。

「これらのポケモンのうち一匹でもいたら基本的に裏選出をする」というようなポケモン

ネイティオ

・エーフィ

ヤミラミ

・アブソル

チルタリス

ジャローダ

エルフーン

ウルガモス

ニンフィア

 マジックミラー持ちをはじめとしていばサマでも突破が困難なポケモンたち。ヤミラミはメガかどうかパーティを見て考えましょう。メガでなければ問題なくハメることができますので。ウルガモスメタモンで対応できなくもないのでこの中では楽な方です(実際オフでも一度出てきましたが表選出のメタモンで突破しました)。

 

 「相手のパーティ次第、これらのポケモンが複数いたら裏選出をする」というようなポケモン

・その他草勢

カイリュー

ヘラクロス

サーナイト

ルカリオ

グライオン

・化身ボルトロス

ファイアロー

カイリュールカリオグライオンフシギバナ辺りはセットになっていることが多いため片方がいたらもう出せないということが多いです。草勢ではナットレイキノガッサをよく見かけますがどちらもこちらのガッサで見ることができるので致命的という程ではありません。サーナイトチルタリスニンフィアと比べるとイカサマが等倍、物理耐久も低めなのでメタモンで削っておけば対処できます。ヘラクロスはガルーラと異なりイカサマ半減なのであちらより対処しにくくなります。ボルトは上からでんじはを入れられると辛いし、ちょうはつやみがわりだと憤死します(メタモンがいるので詰みというほどではありませんがかなりきついでしょう)。アローはレパルの上を取っている場合はもちろん、そうでなくともラム・挑発持ちも一定数いるので要警戒。

 

やや面倒だけどあまり表選出の障害にはならないポケモン

・イカサマ抜群の草

・ガルーラ等イカサマ等倍以上の連続技持ち

ボーマンダ

ミミロップ

カバルドン

多少運が絡むもののパンプジン等はイカサマ抜群の時点で対レパルガッサを担うには厳しいと言わざるを得ないでしょう。何故か先発では出てきにくいのでその場合は受け出し読みでみがわりを貼れば楽に対処できます。ほぼ運も絡みません。次にガルーラ等の連続技持ちですがレパルダスとのタイマンにおいて確率上こちらが有利を取れ、仮に突破されても裏のメタモンの起点にできるのでさほど苦しいとは言えません。ボーマンダはボイスを持っているか否かで全て決まります。ミミロップは(ガルーラでも同様ですが)ねこだましを撃って草やゴーグル持ちに引く、というような動きを繰り返されると苦しいです。ただ、キノガッサでも対応は可能です。アンコールは勘弁。カバルドンは砂でたべのこしが潰れ、ゴツメの削りダメージもあるため上手く受け回されると辛い展開になります。

 

肝心の戦績についてですが、予選では4-2で1位抜け。試合消化が早めに済み同勝利数となりそうな方々には直接対決で勝っていたため安心して待っていました。…ブロック内に上記の「これらの内一匹でも~」「相手のパーティ次第~」のポケモンが片手で数えられるほどしかいなかったため、正直誰が使っても余裕で抜けられたと思います(選出画面で何度もうわって言われました)。ちなみに負け試合はどちらもレパルを一撃で倒せるポケモンメタモンガッサに死に出しからみがわりを貼ってきたため仕方ない負けだったかなと思います。決勝トーナメントではベスト16から始まり準決勝(ベスト4)まで勝ち進むことができましたがここで砂ダブチョガブという非常に辛い相手が出てきたのに加え、上手いことバンギと受け回しをされたためあえなく敗北。3位決定戦ではサナボルトガルにも屈せず表選出をしたのですが、(経過は省きますが)弱い択を採った結果挑発ゲンガーという思わぬ伏兵の前に敗北。準決勝はともかく、3位決定戦は勝ちえた試合だと思っているので悔しい結果となりました。とはいえ、最近使い始めたパーティでここまで残ることができたのは嬉しいです。前回はベスト8(じゃんけんで5位に)、今回は4位と順調に戦績を残せているので次回はもっと上を目指したいと思います。最後に、見にくい文章を長々と書き連ねましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。6世代も残り短いので悔いの残らないよう楽しんでいきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mulberry218:20160829004346j:plain

景品としてこのかわいいみがわりのニットを頂きました。(蒸れて暑い)

f:id:mulberry218:20160829004359j:plain

友人のA君も同じニットを持っていたのでツーショット。

彼とはオフ前日に冗談で「決勝で会おうぜ!」と言い合った(僕は他にも3人ほどに同じセリフを言いました)のですが、僕は準決勝、彼は決勝まで勝ち進んだのでもう少しで実現するところでした。まあ彼が使ったのがクレッフィボルトゴーリだったので実現してもホヒの嵐みたいな決勝になったのでしょうが。

おわり