雑記うどん

TNリデル

デュアルタイプ(XY11登場時点)

 XY11で2つのタイプを持つ「デュアルタイプ」のポケモンが登場しますね。ここではその簡易的な説明と、デュアルタイプを持つポケモンを紹介しようと思います。

 デュアルタイプの特徴ですが、カードの右上のタイプのマークが二つあり、またカードの色も2つに分かれています。(現状判明している分では)ワザに必要なエネルギー、弱点、抵抗力は左側のタイプに準拠しているようです(また、ボルケニオンEXを除きイラストが色違いである)。弱点をつきやすい+2つのタイプ両方のサポートを受けられるというのが普通のポケモンと比べた場合の魅力でしょうか。それではポケモンの紹介に入ります。

 

ダーテング(草/悪) XY11

草1で40点、次の相手の番の終わりまでお互いの場のポケモンのどうぐ、スタジアムの効果を消すワザと、無2で60点、お互いの手札の数が同じなら60点追加するワザ。草悪のお陰で流行りのメレシーやジガルデ(XYG)、オーロット(XY1)の弱点をつくことができる(逆に闘からは弱点を突かれない)。草タイプということで当然巨大植物の森に対応、また必要エネも少ないので比較的素早く起動できる。

 

デンチュラ(雷/草) XY11

無1で相手のベンチポケモン2体に、弱点抵抗計算を「行う」30点。2つタイプを持つことでより多くの弱点をつけ、またこれらを抵抗に持つポケモンはそれほどいないため基本的にメリットとして働く。まあ一番の注目は対よるのこうしんでバチュルを確一、ミュウやバケッチャを確二にできることだろう。そして皮肉にもこのカードを使うのは必然的にバチュルを使用するよるのこうしんデッキとなるのであろう。

 

・MハガネールEX(鋼/闘) XY11

鋼1無4で160点、相手のベンチ全体にも10点。何といっても重たい。幸いメタルチェーンやダブル無色に対応、また闘ということでコルニやストロングエネ、ファイティングスタジアム、メレシーBREAKにも対応しており、サポートが豊富なので割と何とかなるかもしれない。

 

・MサーナイトEX(妖/超) XY11

妖1無1で110点、自分のベンチポケモンを任意の枚数トラッシュし、その数*10点を追加する。超タイプのお陰で次元の谷(XY4)の効果を受けることができ、その場合妖1だけで110点という高速高打点を狙える。ワザの効果により自身のポケモンをトラッシュできるというのにも注目で、シェイミEX(XY6)やフーパEX(XY7)等の展開に使用してもう用済みになったポケモンを処理するのに使える。

 

ボルケニオンEX(炎/水) XY11

特性により、手札の炎エネをトラッシュすることでその番自分の炎タイプのたねポケモンがワザで与えるダメージを30点上昇させることができる。複数並べればその分だけ使用でき大幅な打点上昇が見込める。この特性を活かそうとする場合たねポケモンが多くなりやすい点に注意。またワザに必要なエネは炎2無1なので草に強い水ポケモンとしての起用は難しい。

 

ここにまとめておくべきかそれともそれぞれの(左側の)タイプのページにまとめるか悩むところ。