雑記うどん

TNリデル

きゅーぽけオフ~2016春の陣~使用構築

 きゅーぽけオフ~2016春の陣~に参加された皆さん、お疲れさまでした。普段はポケモンカードに関する記事を書いてますが、今回はベスト8にまで残ることができた(72人中)ため、記念に使用した構築をここに残しておこうと思います。初めてポケカ以外の事を書く機会ができて正直嬉しいです。ちなみにガルーラ以外は皆努力値ほぼぶっぱなので説明は割愛します。

 

ガルーラ

持ち物:ガルーラナイト

性格:いじっぱり

実数値(努力値):201(164)-158(228)-100-54-100-125(116)

努力値振りについて

H:4n+1。みがわりを入れていた時の名残。

A:余り

S:メガ後最速70族抜き

特性:きもったま

技:空元気/ドレインパンチ/グロウパンチ/岩雪崩

調整は正直適当です。6vであるのをいいことにずっと前に振った個体を技を色々変えて使い回しています。技に関しては何だかんだで活きる場面の多い空元気、岩にも鋼にも打点となり回復もできるドレインパンチ、このポケモンを最強たらしめるグロウパンチ、よく怯む岩雪崩。鬼火持ちのロトムがよく出てくるので逆にこちらもこいつ(あるいは後述のガブ)を強気に選出して起点にします。ドレインパンチは友人が使っていたのを見て参考にさせてもらいましたがイマイチ使いこなせなかった印象。カバルドンへの打点になる冷凍パンチの方が良かったかもしれません。岩雪崩は確定数ずらし、単純にアロー等をワンキルする、どうしようもないときに撃つなど使い方は様々です。堅くて火力もあり下への制圧力は凄まじいのですが、上を取ってくる堅いポケモンの相手をするのは苦手でした。具体的には同族やガブ。そういう場合にはゲンガー君に任せる場合が多かったです。

 

 

・ゲンガー

持ち物:ゲンガナイト

性格:おくびょう

実数値(努力値):135-63-81(4)-182(252)-95-178(252)

特性:ふゆう

技:催眠術/祟り目/道連れ/ヘドロ爆弾

 色理想個体。長いこと愛用している個体&技構成です。技に関しては運が良ければ無償突破を狙える催眠術、ヘド爆や催眠、電磁波から繋ぐ祟り目、面倒な奴と11交換を狙う道連れ、PTで唯一妖への打点となるヘド爆。一応ボルトクレッフィからこのポケモンに繋ぐのもコンセプトの一つでしたが、そもそもそれなら道連れではなく身代わりを採用すべきでしたね。実際欲しい場面が何度かありました。また道連れを連打するなど弱いプレイングをしてしまったこともあり申し訳ないです。信じ切れていないためか最近は催眠もよく外すようになってしまいました。

 

ガブリアス

持ち物:ラムのみ

性格:ようき

実数値(努力値):183-182(252)-115-x-106(4)-169(252)

特性:さめはだ

技:げきりん/じしん/ダブルチョップ/つるぎのまい

 舞ガブです。状態異常を撒いてきそうな相手と対面したときやクレッフィボルトロスで起点を作ったときにガンガン舞いましょう。ダブルチョップは縛られず、また(舞っていれば)タスキを貫通できて思ってたより使いやすいです。ただ結構な頻度で外すのでそこは覚悟しましょう。どちらかというと舞って全抜きするより削りや1体倒して崩すことが多かったです(上手く扱えてない…)。ちなみに彼女の一番多かった見せ場は最後までとっておいてバシャーモのとどめを刺すことでした。幸いめざ氷個体はまだ当たってません。

 

クレッフィ

持ち物:ひかりのこな

性格;ずぶとい

実数値(努力値):163(244)-x-157(252)-x-107-97(12)

特性:いたずらごころ

技:イカサマ/いばる/でんじは/でんじふゆう

 起点づくり要員その1。ボルトロスと比較すると耐性、耐久に優れマンムー等に強いです。いばサマである程度の突破力もあります。ただ回復ソースが無いため特殊技や予想外の技(炎技や挑発、あと急所)を受けると機能不全に陥ることも多く、選出頻度はボルトロスより控えめになります。最近たまにガブとマンムーを両採用しているパーティを見かけるのでそういうパーティには強気に先発で出してました。マンムーが割とよく来ますので。ただし、炎の牙を初手から振ってくるガブリアスも存在するので注意が必要です。僕も持っていたら撃ちます。持ち物はマヒ混乱と合わせてワンチャンが残りやすくなる粉にしましたが、オボンとかオッカとかでもよかったかも。

 

ボルトロス

持ち物:きあいのタスキ

性格:おくびょう

実数値:非理想個体により省略。H4CS252

特性:いたずらごころ

技:10まんボルト/でんじは/めざめるパワー氷/いばる

起点づくり要員その2。高い火力、素早さ、タスキによる行動保証によりインチキに頼らずともそれなりに強く、このポケモンを上手く使うことがこのパーティを運用するにあたってのキモといっても過言ではないでしょう。如何なるパーティが相手でも腐ることはまずなく、選出頻度は堂々の1位。同族対面だと挑発を撃ってくるか威張ってくるか巧んでくるか普通に10万やめざ氷を撃ってくるかボルチェンで逃げるか…など様々で何をするのか正直悩むところ。ちなみに霊獣ボルトは混乱自傷やめざ氷で普通に死ぬので対策になりません。チョッキとかでなければ。

 

メタモン

持ち物:こだわりスカーフ

性格:れいせい

実数値:H155(252)以下略 めざ地、B<D

 裏のエース。相手の強力なエースに対しクレッフィボルトロスでいばるやでんじはを入れてから投げて全抜きを狙ったり、相手次第ですが無理やり受け出しから突破を図ったりします。このポケモンのお陰でクレッフィボルトロスは不利対面でも遠慮なくいばることができますね。こちらは実質2匹メガシンカポケモン(しかもスカーフ持ち、たまにA2↑)が使えるのだから強い。本来スカーフでは苦しいバシャーモも威張るを入れていればフレドラで乱数で落とせます。ボルトやクレッフィがフレドラで突破されてる場合が多いのでほぼ確定。メガバシャなら削りが無くてもA2↑だけで確定です。この子のお陰でゲンガーもガルーラも選出しないという選択肢も強気にとれます。

 

・パーティ総評

 特に決まった基本選出はなく、適当です。ボルトロスクレッフィで削り、足を奪いエースで全抜きを狙います。あまり深く考えずとも割とどうにかなります。ダメそうならいばるや怯み頼み。まあ運ゲばかりを仕掛けるのではなく、運ゲも一応できる、あるいは結果的に運に救われたというようなことが多かったです。まあできるだけ運ゲに頼らない方がいいですからね。辛いポケモンですがカバルドンローブシンニンフィア辺りが苦しかったです。選出が限られてしまうため、戦術の幅が狭まってしまいます。

 

 きゅーぽけオフ運営及び参加者の皆さん、ありがとうございました。正直ここまで勝ち残れたのは全くの幸運なのですがやはり嬉しかったです。次回はよりよい結果を目指して頑張りたいです。

 

 

…ちなみに本来は運ゲ要素をほぼ排したボルトゴーリ偽装のメガゴーリ入りで挑む予定でした。しかしシングルレートで氷火傷急所をあり得ないほど引いてレートが200程溶けたのでオフの2,3日前にこちらのパーティを使うことに急きょ変更したという経緯がありました。クレッフィは元々そのパーティのために作った個体でゴツメ持ち、威張るではなくリフレクターでした。