読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記うどん

TNリデル

サポート(XY11発売時点)

 今回は汎用のサポートについて。グッズと比べると強力な効果を持つものが多いですが、サポートは一度の番に一枚しか使うことができないためよく考えて使いましょう。当然デッキ内で占める枠もグッズと比べ少なくなるため入れるカードもしっかり吟味したいところですね。フラダリの奥の手(XY4)は使用禁止なので割愛します。

プラターヌ博士 XY1

手札を全てトラッシュして山札からカードを7枚引く。同じ効果のアララギ博士とはどちらか片方しか入れることができない(BWレギュの話)。非常に強力なドローソースでほぼ全てのデッキで3,4枚積みが推奨される。わざわざ言わずともその強さはお分かりだろう。ただ手札を全てトラッシュする関係上苦渋の決断を迫られることも多々ある。ちなみに手札がこれ1枚だけでも問題なく使える。

 

フレア団のしたっぱ XY1

相手のバトルポケモンについているエネ1枚をトラッシュ。相手の攻め手を遅らせることができるのだが如何せんサポートを使ってまで1枚トラッシュでは非効率である。特殊エネをトラッシュできれば効果は大きいがそれならクセロシキ(XY4)や改造ハンマー(XY-P)の方がよさそう。

 

・クロケア XY1

自分のポケモン1体とついているカードを山札に戻す。やられそうなポケモンを戻してサイドを取られるのを回避、というような使い方もできるがそれならAZ(XY4)やスーパーポケモン回収(XY-P)等手札に戻した方が都合が良い。確実に、かつついているカードも戻せるのはこれだけだが使いにくさは否めないか。

 

・ティエルノ XY1

山札からカードを3枚引く。BWレギュのチェレンと同じ効果。確実に手札増強することができるがやや地味である。このカードゲームでは手札を減らすこと自体は容易なのでプラターヌ博士等で大きなアドバンテージを取りに行った方がいいだろう。ハーフデッキだとそれらの枚数を多少削ってこちらを入れるのもよいかも。

 

・フラダリ XY2

相手のベンチポケモン1体を選び、バトルポケモンと入れ替えさせる。BW期のポケモンキャッチャーと同じ効果。倒したいポケモンを確実に倒したり、逃げエネが多く戦闘以外の目的で入っているポケモンを引きずり出して時間稼ぎ等に使える。LO狙いでもなければ基本的にどのデッキにも入れられるカード。

 

ポケモンだいすきクラブ XY2

たねポケモン2体を山札から手札に加える。単純に扱いやすいカードで簡単にポケモンを複数並べられる。アズサ(XY8)と相互互換で、EXを全く、あるいはほとんど用いないならあちらを使った方がいい。逆にEXばかり使うのならハイパーボールで手札に加えられサポート枠をとらないフーパEX(XY7)でもよい。このカードは両方を程よく用いる場合に。

 

・AZ XY4

自分の場のポケモン1体(とその進化前)を戻す。ただしついているカードは全てトラッシュする。そのためスーパーポケモン回収(XY-P)の上位互換というわけではない。クロケアと同様に倒されそうなポケモンを手札に戻すことができる他、こちらは手札に戻すため手札から出したときに発動する特性を即座に再使用することができる。具体的にはシェイミEX(XY6)の特性を再使用する場合が多い。ほとんど見かけないが戻したままにして倒されるのを防ぐのも一興。

 

クセロシキ XY4

自分または相手の場のポケモンについている特殊エネまたはポケモンのどうぐ1枚をトラッシュする。強力な特殊エネやどうぐが増えてきているため相対的に価値が上がっている。また、自分のポケモンに対しても使うことができるので使用済みのソウルリンクを剥がしたり特殊エネを剥がしてギルガルドEX(XYB)に攻撃を通したりする、というようなこともできる。

 

・センパイとコウハイ XY5

直前の相手の番に自分のポケモンがきぜつした場合にのみ使用することができ、山札から好きなカード2枚を手札に加える。発動条件こそあるものの強力な効果を持つ。HPの低いポケモン複数で攻めるデッキだと使いやすそう。ちなみにカードの種類を問わないためか手札に加えたカードを相手に見せる必要は無い。

 

マツブサの隠し玉/アオギリの切り札 XY5

手札がこのカード1枚のときにのみ使うことができ、山札からカードを5枚引いてさらに自分のトラッシュから闘(水)ポケモン1体(BREAKは除く)をベンチに出せる。何といっても特筆するべき点は進化ポケモンであっても条件を踏み倒して出せることだろう。M進化や2進化でもポンと出すことができる。特に復元ポケモンの進化形はこれがないとやってられないくらいに正規の手段では手間がかかる。

 

オダマキ博士の観察 XY5

手札を全て戻して山札を切る。その後コインを投げ表なら7枚、裏なら4枚山札からカードを引く。サナやジャッジマン(SNP)等と同じく手札を山札に戻すタイプのドローソース。期待値は5.5枚なので単純に考えればサナより強力。確実に5枚欲しいならあちらを使おう。…私事だが自分はこのカードを使った人が表を出しているのをほぼ見たことが無いので正直あまり魅力を感じない。(僕自身は持っていない)

 

・ナギ XY6

山札から無色ポケモン3体を手札に加える。無色ポケモンを多用するなら少数挿しておきたい。チルタリス、MレックウザEX(共にXY6)なんかはすぐに場に立てられる。同時にシェイミEX(XY6)もサーチできる。

 

・ミツル XY6

自分の場のEX以外のポケモン1体から進化するポケモンを山札から選び、進化させる。この効果は最初の自分の番やそのポケモンを出した番でも適用できる。わざわざサポート枠を使うわけなので立てること自体に意味のあるポケモンのために用いたい。例えばアドバンテージ源となるオクタン(XY8)、ゲコガシラ(XY9)や、強力なロック効果を持つオーロット(XY1,9)、ダストダス(XY9)など。

 

・エリートトレーナー XY7

相手より自分のサイドの枚数が多い場合にのみ使うことができる。お互いに手札を全て山札に戻して切り、自分は6枚、相手は3枚カードを引く。6枚と引く枚数が多めであり逆転の一手として使えるだけでなく、相手にポケモンをきぜつさせられた直後ならサイドを取られているため相手の手札を減らせる可能性が高いだろう。

 

・オカルトマニア XY7

次の相手の番の終わりまでお互いの場、手札、トラッシュのポケモンの特性を無くす(新しくそれらに加わったポケモンも含む)。カエンジシ(XY2)やギルガルドEX(XYB)みたく厄介な耐性を持つ相手の突破に用いたり、シェイミEX(XY6)やドータクン(XYB)の特性を封じて展開の妨害をしたりすることができる。

 

・アズサ XY8

非EXのたねポケモンを3体、あるいはたねポケモンのEXを1体山札から手札に加える。ポケモンだいすきクラブ(XY2)と相互互換。EXが少数ならこちらを。

 

・サカキの計画 XY8

手札が5枚になるまで山札からカードを引く、あるいはこの番自分のポケモンがワザで与えるダメージを20点増やす効果のどちらかを選んで適用する。ドローソースとしては強力とは言えないものの、状況に応じて使い分けができるのは便利。打点上昇の効果も馬鹿にできない数値でいざというときには役に立つだろう。

 

・こわいおねえさん XY9

場に出ているスタジアムをトラッシュし、さらに相手は手札を3枚選んでトラッシュする。スタジアムを除去しつつ相手に大きな損失を押し付けることができる。もちろん自分で出したスタジアムをトラッシュしてもよい。ミラーになったときに相手も恩恵を受けられないようにしたり、シェイミEXを処理するためにだしたパラレルシティ(XY8)を消したりなど。

 

サイキッカーの心眼 XY9

相手の手札を見て、その後自分の手札を任意の枚数トラッシュし、その枚数分山札からカードを引くという、特に関わりのない2つの効果を持つ。情報を得て相手の手筋を考えやすくなり、またドロー効果も小回りが利きやすく使いやすいのだが他のサポートを押しのけてまで使う程では無いか…?

 

・N XY10

BWから再登場。お互いのプレイヤーは手札を全て山札に戻して、その後それぞれ自分のサイドの枚数分山札を引く。序盤ではカードをトラッシュせずに済みプラターヌに次ぐドロー数を誇るドローソース、終盤では相手の手札を減らして動きを止めたりと長くにわたって活躍でき、腐りにくいカード。

 

ロケット団の工作

コインを2回投げ、オモテの数*2枚相手の山札の上からトラッシュする。山札切れを狙うデッキで手持ち無沙汰になったときに使うという感じか。不安定なのであくまでダメ押し程度の感覚で。

 

・ニンジャごっこ XY11

自分の場のたねポケモン1体を選び、あらゆる状態を引き継いで山札のたねポケモン1体と入れ替える。シェイミEXやフーパEXなどの用済みになった展開用ポケモンを処理しつつ、控えの準備ができる。乗っているダメカンも引き継ぐため、AZやクロケアのようにエスケープとしては使えないのに注意。

 

ポケモンレンジャー XY11

お互いのプレイヤー、バトルポケモンにかかっているワザの効果を全て消す。ガマゲロゲEX(XY3)やゲッコウガ(XY9)のワザの効果を消してグッズや特性を使用したり、あるいはサンダースEX(XY-P)やグレイシアEX(XY10)が自身のワザでかけた効果を消してこちらのワザを通したりなど、ロック系のワザを使うポケモンに対して強く出ることができる。逆にこれらを使うデッキにとっては痛い存在となるだろう。

 

・ダイゴ XYD

山札からサポート1枚と基本エネ1枚を手札に加える。手札に加えたサポートはすぐには使えないものの、事故を避けるのには便利。ピンでいざというときに役に立ってくれるか。

 

・カスミのやる気 XYF

手札を1枚トラッシュし、山札の上から8枚を見てその内の好きなカードを1枚手札に加える。確実性には欠けるものの、何といってもカードの種類を問わないのが大きくサーチのしにくい特殊エネも手札に加えられる。8枚も見ればベストとは言わずとも何かしら欲しいカードが1枚はあるだろう。

 

・ミニスカートのおすすめ XYH

相手の場のたねポケモンの枚数だけ山札からカードを引く。相手依存となるためあまり使い勝手は良くなく、基本的に他のドローソースが優先されるか。 

 

イマクニ? 20th

BWからの再録。自分のバトルポケモンをこんらんにするという効果で、お世辞にも使う価値があるとは言えない。マーイーカ(XY1)の特性の条件を満たせるが、それならミツル(XY6)で十分。

 

・釣り人 SNP

自分のトラッシュの基本エネを4枚まで手札に加える。エネ消費の激しいデッキでの採用が検討される。ただ4枚は過剰である場合が多く、また戻す枚数こそ少ないもののグッズであるエネルギー回収(XY-P)の存在が目の上のコブとなりやすい。

 

・ジャッジマン SNP

お互いに手札を全て山札に戻して切り、4枚ずつカードを引く。エリートトレーナー(XY7)の亜種という感じで、発動条件こそ無いもののアドバンテージも控え目となっている。それでも妨害しつつ手札交換を行うという役割はあちらとは変わらず、状況を問わない分使いやすいかもしれない。もちろん、同収録のオンバーンBREAKやオニゴーリEX(XY8)と組むのもよい。

 

フウロ SNP

BWからの再録。わざわざ別人を用いなかったのはBW、殿堂レギュで実質8枚まで積めるようにするのを防ぐためだろう(博士は流石に変えられているものの、特殊ルールによりどちらかしか入れられない。ただ、他のカードにもこれを適用するのは正直煩わしい)。山札からトレーナーズを手札に加えるという汎用性の高い効果を持ち、状況に合わせてピンポイントで欲しいものを持ってくることができる。大概のデッキで採用が見込めるカードだろう。

 

・トロバ XY-P

山札からポケモン1枚を手札に加える。何といってもハイパーボールの存在が痛い。手札をトラッシュしなくてもよいとはいえ、貴重なサポート枠を使う程でもない。さらにプロモカードなのであちらより格段に手に入れにくい。

 

・ゴジカ XY-P

自分のバトルポケモンとベンチポケモンを入れ替え、ベンチに戻した方のHPを30回復する。手負いのポケモンを引っ込めつつ回復させることで再び戦線に立てるようにできるのだが、正直サポート枠を使ってまですることかは疑問である。ちなみに、同じバトル強化セットのサポートの内このカードだけが何故か特定のタイプに関する効果を持たない。

 

以上です。次はスタジアムですが特定のタイプに関わらないスタジアムってそんなに無かったような…