読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記うどん

TNリデル

ポケモンのどうぐ(CP6発売時点)

 最近は本家ポケモンぷよぷよ等のモチベが高かったり引っ越しがあったりで各機会があまりありませんでした。まあ言い訳はここまでにして、今回はポケモンのどうぐ(使用するタイプを問わないもの)について書こうと思います。

 

・ちからのハチマキ XY1

つけたポケモンがワザで相手の「バトルポケモン」にダメージを与えるときそのダメージを20点増加させる。20という数値は中々侮れないもので、結構確定数がずれるパターンが多い。ちなみに「ダメカンを乗せる」ワザや、ベンチポケモンへのダメージには効果が無い。また、弱点を突いた場合この追加分も2倍となる。つまり+40点となる。強力などうぐが増えている現状でも負けず劣らず活躍している。

 

・かたいおまもり XY1

つけたポケモンが相手のポケモンのワザで受けるダメージを20点減らす。無難で決して弱くはないのだが、他に強力などうぐが増えているため採用は見送られることが多い。MバンギラスEX(XY7,Θストップを持つ)等、火力が十分ありどうぐ枠に余裕がある、または耐久が重視されるようなポケモンに。ただしたねポケモンなら闘魂のまわし(XY9)を付けた方がいいだろう。ちなみにちからのハチマキと異なり、このどうぐをつけたポケモンがベンチにいても、そのポケモンへのワザのダメージはきちんと20減る。逆に、このどうぐをつけたポケモンが弱点のタイプからワザのダメージを受けた場合40減るのではなく2倍したあとに減算するため20しか減らせない。

 

・プロテクトキューブ XY2

 つけているポケモンは自身のワザでの自信へのダメージを受けなくなる。発売時期的にはMリザードンEX(XYA)のためのカードだろうか。あまり反動を受けるワザは使われないか、多少の反動ならそもそも無視してもあまり問題ないが、このポケモンは反動が50と多いのでこれが無いと正直やってられないだろう。リザードンにはソウルリンクが無いのも好都合かもしれない。

 

・ジャミングネット/ヘッドノイザー XY4

 「相手の」ポケモンEXにつけるという変わったどうぐ。前者はつけているポケモンがワザで与えるダメージを20点減らし、後者はつけているポケモンがワザを使うのに必要なエネを無色1つ分増やす。要するに妨害用のどうぐなのだが、このどうぐの真価は効果そのものより他のどうぐを付けられなくすることだろう。特にM進化できるEXがソウルリンクを付けられなくなることで攻め手を遅れさせるのは大きい。また、ライボルトEX(XY4)の打点上昇条件を能動的に満たすことができるため相性が良い。ジャミングネット・うねりの大海(XY5)等で粘り強くかつこちらは高打点を出すことができる。ただ、相手がEXを使用しない場合腐ってしまうので注意。

 

・ラッキーメット XY7

 つけているポケモンがバトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき自分は山札からカードを2枚引く(つけたポケモンがきぜつしても効果は使える)。相手に攻撃を多少躊躇わせることができるか。ちなみにΩ連打で2回攻撃を受けた場合は2度効果が働く。ただしこの効果は強制なので山札切れに注意。

 

・かるいし XY8

 BWからの再録。つけているポケモンの逃げエネを無くす。単純に逃げエネが多いポケモンにつけるのもよいが、ゾロアーク(XY8)との相性が非常に良い。特性でゾロアークをバトル場に出し、その後このカードの効果で逃げることで実質的に自分の場のすべてのポケモンがこのカードの効果を受けているのと同じような状態になる。他には特性でどうぐを付ける必要がありかつ逃げエネの多いダストダス(XY9)なんかとも相性が良い。

 

とつげきチョッキ XY8

 このどうぐをつけたポケモンが特殊エネがついている相手のポケモンのワザで受けるダメージを40点減らす。条件付きだが効果は実にかたいおまもりの2倍。基本的には付けたいポケモンがかたいおまもりと被るため少数ずつ、両採用するのがよいか。

 

・炸裂バルーン XY9

 このどうぐをつけたポケモンがバトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたときに、そのポケモンにダメカンを6個乗せる。ただし相手の番の終わりにこのカードをトラッシュする。60というダメージは一部のたねポケモンがそれだけできぜつしてしまう程で、1回限りだが相手が攻撃するのを強く牽制することができる。フラダリ(XY2)やあなぬけのヒモ(XY5)には注意。このカードが無駄にトラッシュされるだけとなってしまう。

 

・闘魂のまわし XY9

 つけているたねポケモンのHPを40、ワザのダメージを10増加させる。殴り合いに滅法強くなることができ、たねポケモンを主軸とするデッキなら必須級のカード。単純に強力で正直あまり書くことが無い。相性のいいポケモンも多い。

 

・○○ソウルリンク

 このカードをつけている○○EXがM(ゲンシ)○○EXにM進化(ゲンシカイキ)しても自分の番が終わらなくなる。すぐに攻めたい場合や、プラターヌ博士等を使いたいものの手札にM進化ポケモンが来ている、など番が終わってしまうと困るような場面はよく遭遇する。

そもそも基本的に自分の番の中でどれだけ動くかがこのゲームでは重要なので番をあっさり渡してしまうのは得策とは言えず、ソウルリンクが存在するなら必須となるだろう。ちなみにCP6発売時点でソウルリンクが存在しないのはガルーラ(XY2)・ルカリオ(XY3)・ヘラクロス(XY3)・アブソル(XY-P)・ディアンシー(XY-P)・メタグロス(XY-P)・バシャーモ(XY-P)・ラグラージ(XY-P)。また、ゲンガー、レックウザのソウルリンクはそれぞれXY4,6には収録されていないため注意。

 

・イカサマコイン XY-P

 このどうぐをつけたポケモンの効果でコインを投げた場合、それを一度だけ無効にしてやり直すことができる。ただし、「コインを投げなおす」効果を持つカードが複数あってもこの効果自体を自分の番に一度しか使えない。例えばビクティニ(BW2)等も同様の効果を持つ。コイン判定に依存したワザを使う場合に役立つ…のだが、そもそも不安定なのでそういうワザ自体あまり使われないだろう。

 

意外と数が少なかったですね。ソウルリンクが占める部分が大きいためと思われます。次は汎用のサポートについて。