雑記うどん

TNリデル

闘EX (CP6登場時点)

 闘タイプのEX。闘は専用の強力なトレーナーズに恵まれてる印象です。

ルカリオEX XY3

ワザを3つもつ珍しいポケモン、闘1で抵抗力を無視して30点、闘2で60点、望むなら手札が6枚になるまでカードを引く、闘3で100点の3つ。主に2つ目のワザで展開を補助するのが役割。打点もそれなりでストロングエネルギー、ファイティングスタジアム(XY3)と併用すればEXを一撃で倒すのも夢ではない。

 

・MルカリオEX XY3

闘3で140点、相手のバトルポケモンのエネを1枚トラッシュする。エネの加速こそしづらいがさらに打点が上がり、一撃で倒せる範囲が広がった。ただし一撃で倒す場合はワザの効果が発揮されないのは気になる。強いには強いのだがやはりソウルリンクが無いのが痛い。

 

ゲンシグラードンEX XY5

闘3無1で100点、スタジアムがあればそれをトラッシュしさらに100点追加。この効果は強制。必要エネは重たいが、古代能力Ωバリアによりポケモンの道具、スタジアム以外の相手のトレーナーズの効果を受けず、フラダリ(XY2)等に怯えることなく悠遊と育てられる。上記の通りスタジアムは強制でトラッシュされてしまう。それでもストロングエネルギー(XY2)がついていれば非EXに対する打点は十分。EXを複数相手取る際には気になるかも。

 

・カイリキーEX XY7

闘1無1で自身に乗ったダメカンの数*20点、自身をこんらんにする、と闘2無1で80点、自身が特殊状態ならさらに80点を追加し自身の特殊状態を回復するというワザ。上のワザで自信をこんらんにして下のワザに繋げろということなのだろうがいかんせん運頼みになってしまう。能動的に活かしたいならアリアドス(XY7)と組むといいだろう。どくはワザの効果で即回復するため自身はダメージを受けずに済む。

 

レジロックEX XYG

特性により、このポケモンが場にいる限り自分の闘ポケモンのワザのダメージが10点増える。ベンチを圧迫する、EXで逃げエネも多いなどの難点もあるものの手軽に打点を上げることができる。上記のカイリキーが類似する特性を持つが、こちらはたねポケモンなので準備に手間がかからないのが魅力。古代能力で2回攻撃ができるチャーレム(XY5)と相性が良い。

 

ルチャブルEX XY-P

闘1無2で60点、場にスタジアムがあればさらに40点。ニコタマで素早く起動でき、またファイティングスタジアム(XY3)との相性がよい。HP130とEXにしてはかなり低いのできあいのタスキ(XY3)等でカバーしたい。

 

・MプテラEX XY-P

闘1無2で110点、おたがいのベンチ全員にも10点。打点はまあまあ程度だがストロングエネルギー(XY3)等で上げられるため気にはなりにくいか。ベンチ全員に10点というのが曲者で、味方の闘ポケモンきあいのタスキ(XY3)を潰してしまうのは正直痛い。ちなみに打点を上げるカードはバトルポケモンに対してのダメージにのみ働くためストロングエネルギーをたくさんつけて相手をまとめてなぎ倒す…みたいな動きは取りづらい。

 

次は非EX。EXに頼らずとも優秀なアタッカーが多い印象です。