雑記うどん

TNリデル

鋼EX (CP6登場時点)

次は鋼タイプのEX。僕が2番目に組んだデッキのタイプである。(最初が水)

・MボスゴドラEX XY5

鋼2無2で120点、望むならコインを投げて表なら120点追加、裏なら自ベンチ全員に20点。コイン自体が任意なのでパンプアップする必要が無いなら不必要なデメリットを背負わなくてもよいし、投げる場合50%でメガ進化勢も一撃で落とせるのは個人的には高評価。また、HP240と地味にタフである。余談だが、メガボスゴドラは僕が6世代のレートで初めて使ったメガシンカポケモンなので思い入れがある。こっちでは使わないけど。

 

ハッサムEX XY9

鋼1で20点、次の番受けるダメを20軽減のワザと、鋼2で50点、その番にこのポケモンをバトル場にだしていればさらに60点のワザを持つ。下のワザはそこそこ強いけど正直さっさと進化させてしまいたい。(ほかのM進化前EXも大体そんな印象だが)

 

・MハッサムEX XY9

RRのイラストだとワザ名の文字を挟んでるのがオシャレ。鋼2で120点、望むならスタジアムまたは相手のバトルポケモンの特殊エネを1個トラッシュできる。そのためそれらに依存したデッキにとても刺さる。打点自体もそれなり。微妙に足りない分を補ってくれるズバット系列(XY4)や展開を助けるドータクン(XYB)、同じくエネ破壊できるシザリガー(XY5)と組む場合もあるようだ。

 

ゲノセクトEX XY10

今度は鋼タイプ。自分の番に1度このポケモンについているどうぐを手札に戻す特性と、鋼3で100点、このポケモンについている鋼エネを任意の枚数トラッシュしてその数*20点を追加するワザを持つ。状況に応じてどうぐを付け替えられるほか、相手のジャミングネットやヘッドノイザー(XY4)をはがすこともできる。ワザに関してはドータクン(XY-B)と相性が良い。ただしギルガルドEX(XY-B)がライバルとなる。こちらはどうぐの付け替えや瞬間火力が魅力だが、あちらは特性による耐性やエネをトラッシュしなくても火力が出る点が魅力。

 

マギアナEX XY11

ゲームに先んじての登場。特性により自分の鋼エネがついているポケモンは相手のワザの効果を受けない。ワザは鋼1無2で120点、次の番このワザのダメージが60点になるというもの。シェイミEXやフーパEX、マナフィEXのようなサポート役と思いきやこちらは普通に攻撃役としても参加できるのが魅力。ただしHPは160とEXでは低めである。

 

ディアルガEX XYB

鋼1無2で60点で受けた相手がEXの場合次の番ワザを使えなくするワザと、鋼2無2で150点、このポケモンについている鋼エネを2つをトラッシュするワザを持つ。ニコタマに対応しており、またメタルチェーンも絡めることが多いのでワザを比較的早く撃てる。上のワザは打点が控えめだが対EXにおいて有効。下のワザは打点が高く、トドメに使えるうえエネをトラッシュすることでメタチェに繋げることができる。ドータクン(XYB)を2体以上立ててかるいし(XY8)をつけたゾロアーク(XY8)が自ベンチにいれば続けざまに150打点を撃つこともできる。ベンチに引っ込めばワザの効果は消えるので同族対決でも有効な戦法である。

 

ギルガルドEX XYB

特性により特殊エネがついた相手のポケモンからワザのダメを受けない。無3で40点、自身についている鋼エネの数*20点追加。上のディアルガEXで耐えつつこいつにしこたま鋼エネを溜めこもう。また、強力な特性のお陰で多くの相手にプレッシャーをかけられる。特殊エネ自体の株を落としている一因だと思う。

 

メタグロスEX XY-P

色違いのメタグロス。鋼無で20点、望むなら自ベンチの鋼エネをこいつに付け替えるワザと鋼2無2でコインを4回投げ表の数*50点のワザ(グランドクロス)を持つ。上のワザによりなかなかこいつを出せず仕方なく別のポケモンにエネを貼っておくという動き方もできる。下のワザは運がよければ非メガEXを一撃で持っていくダメが出る。ただ運が悪いと…

 

・MメタグロスEX XY-P

上のメタグロスEXとセットになっている。無4で130点、自身についている鋼エネ数*10点追加というワザ。メタチェでしこたま溜めこめばすごいダメージが出せるが強い特性を持つ上記のギルガルドEXのが基本的に使いやすい。こちらはより高打点が出る(9個ついてると追いつかれるけどそんなことまず無いだろう)こととM進化なのでカエンジシ(XY2)等のたねポケモンメタに刺さることがポイント。ソウルリンクが無く立てるのが面倒なのと逆にギラティナEX(XY7)等のM進化メタが刺さる点は注意。

 

メタチェを使う場合はこれらのうちのいずれかが入る場合が多いでしょう。