読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記うどん

遊戯王のことも書きたい

SM2

アローラ!SM2が発売されたのでいつも通り雑感を書こうと思っていたのですがハンター稼業に勤しんでおりましたところいつの間にか1ヶ月近く経過していました。需要があるかは怪しいですが中途半端はよくないので一応書いておきます。

SM2L(沢山買った方)

ボクレー

今までのものと異なり草タイプであるため巨大植物の森に対応しており数分間程話題になった。しかしテテフミツルの方が明らかに強くそもそも森に割くようなデッキのスペースは存在しなかった

 

オーロット

無2で相手の手札を見てその中のトレーナーズの数*30ダメージ。恐らくXY1のものでグッズの使用を妨げることで手札にグッズを溜め込ませて大打点を出させるというコンセプトなのだろう。一応BREAK進化すれば谷で1エネで撃てる。

 

ダストダス

超1で相手のトラッシュのグッズ数*20点。グッズは殆どのデッキの動きを支えていると言っても過言ではなく場が整う頃には必然的にトラッシュに複数のグッズが溜まっていることだろう。終盤において大打点を狙えるのは勿論(相手のデッキ次第だが)進化前のヤブクロンを見せておくだけでもある程度動きを牽制することができる。今後のデッキ構築に影響を及ぼしうる1枚である。

 

ミミッキュ

超1無1で相手が前の番に使用したワザ(GXワザ除く)を使うことができる。M進化ポケモン等の大技も省エネで返すことができるためこちらも牽制の働きができる。相手を選びこそするもののここぞという時に光るだろう。

 

メテノ

闘3で190点、自身をきぜつさせるという大技を持つ。M進化や進化系GXなどには若干打点が足りないものの闘タイプであるため補うのは容易。闘3は決して軽くは無いもののEXGXと1:2交換が狙えるのが魅力か。

 

ヨワシGX

水1で20点、水3無2で120点、相手の特殊エネをトラッシュ。GXワザは水3無2で220点、自身についているエネを全てベンチに付け替える効果。ワザの要求エネが1か5かと両極端で本領発揮するにはやや重たすぎるか。アクアパッチやダブル無色に対応しているので幸いそこまでエネを溜めきるのは難しくないか。余談だが封入率がやけに高いように思える。

 

カプ・テテフGX

特性により手札からベンチに出した際に山札からサポートを手札に加えられる。これだけでも様々なデッキにお呼びがかかるであろう強さなのだがこのカードはHP170と低くなく(しかも弱点無し)逃げエネも1と並程度、極めつけにワザが無2で撃ててそこそこ強い(お互いのバトルポケモンのエネ*20点)ため事故要因にもほぼならないと来た。上記のような弱みを持つシェイミEXやフーパEXと比べると格段に扱いやすいことだろう。

 

ルガルガンGX

真夜中の姿。進化させた際に相手のベンチを1体選んでバトルポケモンと入れ替えさせる特性(フラダリ、ポケモンキャッチャーと同様の効果)、闘1無2の110点のバニラワザ、闘1無1で相手のベンチ*50点のGXワザを持つ。特性やワザの性能も相まって闘ポケモンの中では所謂レックシェイミ等に強く出やすくなっているように思える。真昼の方と使い分けられるのが面白いところ。

 

メタグロスGX

特性によりトラッシュの超または鋼エネをバトルポケモンにつけることができる。メタルチェーンに類似している効果であちらとの差別化を考えるとこのポケモン自身を戦闘に参加させるか超エネをつけさせるかのどちらかで運用したい。しかし前者ならともかく後者だとこのポケモンが腐りやすく(ちなみにXY~BWに超タイプのメタグロスは存在しない)そもそもこの特性を用いてまでエネ加速した超ポケモンはそれほどいないのが実情である。ワザは鋼2無1で150点、次の番このワザが使えないというもの。XY7のメタグロスの特性と組み合わせればデメリットを帳消しにできるため相性がよいか。

 

・アクアパッチ

トラッシュの水エネ1つを自分のベンチの水ポケモンにつける。今のところこれを必要とするポケモンは多くは無いものの水タイプを中心とするデッキなら是非入れて起きたい。

 

・レスキュータンカ

自分のトラッシュのポケモン1匹を手札に加えるか3匹山札に戻すかのどちらかを選んで適用することができる。すごいつりざおの亜種といえる効果でなかよしレスキューやげんきのかけらのほぼ上位互換。特にベンチトラッシュからの使い回しが重要となる黒サナとの相性が良いか。

 

・せせらぎのおか

1回の番に1度山札から水または闘タイプのたねポケモンをベンチに出すことができる。直接アドバンテージに繋がる効果を持つ珍しいスタジアムである。ただし相手のデッキに該当するポケモンがいなくても山札を見る目的で効果の使用を宣言することが可能である点に注意。

 

疲れたのでここまで。どうせ松島のほうはそんな書くことありませんし。

SM1+

 1/27に強化拡張パック サン&ムーン(通称「SM1+」)が発売しました。よくあるカードが全て光っているパックで値段も割高となっています。その中身の多くはSM1等からの再録で、一部新規が入っているという感じです。

・ラランテス

特性により、自分の草または炎タイプのワザのダメージを20点増える。関係の無い草や炎デッキに入れるのは負担が大きいので(ちからのハチマキで十分)ラランテスGXを主軸としたデッキに少数挿すことになるだろう。巨大植物の森で奇襲気味に打点を上げることもできる。

 

・クワガノンGX

雷1で50点、トラッシュのエネを1枚自分につける。このワザだけでもまあまあの打点があり、また一応特殊エネもつけることができる。真ん中は雷1無3で180点、自身についているエネを2個トラッシュ。クワガノン(SM1)の特性や上のワザで補いたい。GXワザは雷1無2で相手のベンチ全員に60点。小物を並べる相手に滅法強いがそうでない相手にはあまり刺さらない。バトルポケモンにダメージが与えられないのも痛いか。

 

・オドリドリ(ふらふら)

手札からベンチに出したとき山札から基本エネを2枚まで手札に加える。要するにポケモン版はかせのてがみである。HP90なのでレベルボールに対応するのも評価点。特性を使った後は置物になってベンチを圧迫するのでパラレルシティなどで処理したい。

 

・オドリドリ(まいまい)

無1で相手のトラッシュのポケモンの数分相手のポケモンに好きなようにダメカンを乗せるワザを持つ。よるのこうしんやビークイン等のトラッシュにポケモンを溜め込み、HPも多くないデッキに対して強く出られる。無1なので次元の谷に対応しているだけでなく使うデッキを選ばないのもポイント。余談だが、オドリドリの各スタイルの色はその島の守り神の色に対応している。

 

ルナアーラ

上のワザは超1で自身についた超エネの数*40点、下のワザは超3で130点、自身についたエネを全てベンチに好きなように付け替える。エネの数に比例して火力が上がるワザは多いが2進化だけあってその中でも倍率が高め。ただしGXを倒したいからとあまり多くのエネを集中させると倒されたときに巻き返しが難しくなるので注意。下のワザでエネが離れてもルナアーラGXがいれば即座にエネをこのポケモンに戻すことができる。月輪の祭壇のことを考えると分散させておくのがよいか。

 

ソルガレオ

鋼1無1で相手のポケモン1体に50点のワザと、鋼2無1で170点、次の番このワザが使えなくなるワザを持つ。ベンチ狙撃50点は強力で半端なたねポケモンなら一撃で落とすことができる。下のワザはにげエネの重さも相まってデメリットが重たいもののソルガレオGXの特性でバトル場から離すことで帳消しにできるため相性が良いだろう。

 

ニンフィアGX

妖1で山札から好きなカード3枚を手札に加えるワザ、妖1無2で110点のワザ、妖1無2で相手のベンチ2体とついているカードを手札に戻させるGXワザを持つ。イーブイ(XY7,SM1)の特性により妖エネを貼れば即座に進化でき、すぐにワザでサーチを行うことができる。現状では数少ない後攻を選ぶ理由になりうるかもしれない。Nに弱いのはご愛嬌。GXワザはポケモンカードでは非常に珍しいポケモンを手札に戻させる効果。たねポケモンを戻してもあまり意味が無いので進化ポケモンを狙いたいところ。

 

・ジジーロンGX

無1で20点、相手の特殊エネをトラッシュ。打点は低めだが効果は刺さる相手には刺さる。無3で80点、自分のベンチにダメカンが乗っていれば70点を追加。緩い条件で高打点を狙うことができる。GXワザは無1で自分の手札を山札に戻し、10枚カードを引くというもの。大幅な手札補強を行えるが番が終わってしまうのでやはりNに弱いのがネック。高いHPと上二つのワザのお陰で所謂「ゲロジュナ」デッキに強く出られるのがポイント。

 

・こだわりハチマキ

つけているポケモンがGX、EXに与えるダメージが30点増える。つけるポケモンは限定されておらず主に打点を確保したい仮想敵がGX、EXとなりやすいため強力などうぐ。打点の都合GXがGXをメタるために使われやすいか。

 

・月輪の祭壇

超または悪エネがついているポケモンのにげエネが2つ減る。エネを貼る必要がある点に注意。また、超には次元の谷やミステリーエネルギー、悪にはシャドーサークルという優秀な効果を持つカードもあるため採用するかはそれらとの兼ね合いを考えて。ちなみに「月輪」の読みはがちりん、がつりん、げつりんなどがあるがこのカードは前者が正しいのでカード名を読む際は気をつけよう。

 

・日輪の祭壇

鋼、炎タイプの弱点を無くす。炎ではボルケニオン(XY11)、鍛冶屋のようなトラッシュ利用が重要となるため灼熱の大地の方が優先されるだろう(枠があれば併用してもよい)が、鋼のスチールシェルターは活かせる場面が限定的(こちらもだが)であるため不利から対等まで持ち込めるこちらを優先したいか。

 

レアものの数がブレていたりそもそもパックの値段が高かったり再録枠が多すぎたりと私の周りでもこのパックに苦戦している人がちらほら見られました。私は買っていないのでよく分かりませんが。UBがカード化されるのを楽しみに待っています。

Rita

 今日は何の日かご存知ですか?そう、あのリデルさんの誕生日です。本当なら素敵なイラストでも描きたいところでしたが力も環境も足りないため今回はこれまでの記録をまとめるという形で。

 

概要

1/17生 やぎ座

けつえきがた:B

好きなもの::ぬいぐるみ

特技:ひとりあやとり

(フィーバー2の公式サイトより)

 

ぷよぷよフィーバー

f:id:mulberry218:20170116190909j:plain

連鎖ボイス

ヴェント(Vent) 風

ランポ(Lampo) 稲妻

ロタヴェント(Ruota Vent) 旋風

ベネランポ(Bene Lampo) ??

テンペスタ(Tempesta) 嵐

 

登場する話

るんるん1、わくわく2

魔道学校ではめずらしい、

人間とは少しだけ違う種族の女の子。

頭にある小さなツノを

いつも隠そうとしている。

タルタルと仲良し。

 

 初登場。この時はアミティとも上手く話せないほどで、「やりづらい」と評されていた。

 タルタルと同時に登場するシーンは無い。

 

ハバネロ

ぴりぴり6

 ラフィーナに状況を説明しようと口ごもっている間に何故か「ギッタギッタのメッタメッタにする」と宣言されてしまう。

 

ぷよぷよフィーバー2

f:id:mulberry218:20170116190915j:plain

ヴェント

ランポ

ロタヴェント

マニェティス (Magnetis) 磁力

セレーノ (Sereno) 快晴

 

タルタルやラフィーナと同じクラス。

ツノがある珍しい種族で、とっても

ひとみしりのはずかしがりやさん。

ツノがあるのもはずかしいらしく

髪でまいて目立たなくしている。

アミティやタルタルと仲良し。

 

関連のある本

キャラ別攻略その2、学級日誌 2、人名事典 2、変身百科 上、おじゃばぶるファイブ、ラブ・ふぃーバード

 

関連のある絵

おじゃばぶるファイブ

 

彼女が差出人のゆうびん

うみの日(7/20にゲームを起動)

白いみち(1/24にゲームを起動)

 

登場する話

アミティはらはら3、ラフィーナわくわく1、シグるんるん2、わくわく2

 アミティはらはらではアミティにクルークの伝言を伝えるのだが、クルークの元に行くのを渋るアミティに勝負を挑む。ラフィーナわくわくではラフィーナに話しかけようとしたところを突然オトモに吹っ飛ばされてしまう。なんとか戻ってくるもラフィーナに「ジャマよ」と言われあっさり倒されてしまう。シグわくわくでは彼の髪がピクピク動いているのが気になって近づいたところ突然勝負を挑まれる。

 一部のコースをクリアした直後に特定に施設を訪れると彼女と話すことができる。がっこうではアコール先生に連鎖のコツについて質問している。おみせではアミティの被っている帽子を欲しがっている様子を見ることができる。

 キャラ別で効果のあるアイテムでは「おじゃばぶるせっけん」と「ふぁいあーバード」が有効。0点テストが効かないことから少なくとも成績が悪いわけではないようだ。また、としょしつの本からは綺麗好きであること、優しい人物が好みであることが伺える。

 がっこうや未完の塔ではプレイヤーキャラクターとして選択はできないものの、「ほそいつのぶえ」を使用することでその勝負でだけ彼女を使用することができる。

 タルタルと共演するシーンは無い。

 

ぷよぷよ

f:id:mulberry218:20170116191501p:plain

 

連鎖ボイス

ブレッツァ (Brezza) 微風

テンポラレスコ (Temporalesco) 嵐の

トロンバダリア (Tromba d'aria) 竜巻

フルミーネ (Fulmine) 稲妻

アルコバレーノ (Arco baleno) 虹

魔道学校の生徒。

とってもひとみしり。

ツノのある仲間に会いたい

今日この頃。

 

登場する話

クルーク1、ナスグレイブ1、バルトアンデルス3、ラフィーナ2、アコール先生3、シェゾ2,おしゃれコウベ2、サタン2

 全登場キャラにストーリーがあるため当然彼女のストーリーもある。あくまに「勝ち進んでいくことでツノのある仲間に会える」と言われ、その人物に会うことを目標として戦っていくという内容になっている。最初はメダルを手に入れたらツノを無くすことを願おうとしていたが、サタンと出会ったことでツノがあるのもいいなと考えを改め、最終的にはメダルに「世界平和」を願った。

 一方で他キャラのストーリーではナスグレイブに「食べられますか?」、シェゾに「ヘンタイ」、おしゃれコウベには「ヘアスタイルを気にする必要が無くて羨ましい」とそれぞれ言ったことで相手の怒りを買うという毒舌キャラになっている。またラフィーナ2では「世界で一番強くなりたい」という願い(?)を口にしている。リデル8、サタン2ではサタンに「おにいさま」と呼ばせるように迫る姿が見られる。リデル3ではカナヅチであることを告白している。

 口数が少なかったこれまでと比べると初対面の相手にもよく喋るようになっておりあまり人見知りらしさは感じられない。割と人外相手と話すことが多いのも理由の一つかもしれない。

 タルタルは前作での行いが原因のためか(?)今作で消滅しており、以降ぷよぷよ!クエストを除いて一切姿を見ることができない。

 

ぷよぷよ7

 まさかの未登場。名前すらもゲーム中では見ることができないのだが、何故か公式サイトのぷよ検定のある問題の選択肢の1つに彼女の名前がある。

 

ぷよぷよ!!

f:id:mulberry218:20170116191601j:plain

連鎖ボイス

ヴェント

ウラガーノ (Uragano) 嵐

ティフォーネ (Tifone) 台風

トゥオーノ (Tuono) 雷

アルコバレーノ

 

魔道学校の生徒。

ツノがある珍しい種族で、とってもひとみしりのはずかしがりやさん。

ツノがあるのもはずかしいらしく髪でまいて目立たなくしている。

ツノのある仲間に会いたい今日この頃。

 

登場する話

まぐろ3、りすくま3、アミティ3、シグ2、クルーク5、どんぐりガエル1、アコール先生3、ウィッチ3 (Webオリジナルまんざいデモ 第二回)

 再登場。今作でのストーリーは引っ込み思案を治して明るくなりたいと努める姿が描かれている。同じくツノを持つドラコケンタウロスは「おねえさま」、サタンは「おにいさま」と呼び慕う。前者は特に気にしていないが後者は相変わらず嫌がっているようだ。15thの話は無かったことにされているようで、サタンとも初対面ということになっている。また、15thでは分からないと言っていたどんぐりガエルの言葉も多少理解できるようになっている。

 他のキャラのストーリーでは押しの弱さのためか相変わらず振り回されることが多い。突然まぐろの素顔を見せられてクラクラしたり、りすくまには「性格は変えられないので部屋から出るな」と言われあり、ウィッチにはツノを取られそうになったり(本人曰くツノはとても大切なものらしい)といった具合である。クルーク5ではクルークと同様に「ジュース」を飲んでぐでぐでになってしまっている。アコール3ではアコール先生に噂の黒いカゲについて質問され、「見ていない」とウソをつく。この際酷く動揺しておりウソをつくのは下手なようだ。ポポイのまめちしきによると、カンが鋭くて天気を言い当てたり探し物を見つけるのが得意だが恥ずかしがりで目立ちたがらないためあまり言わないとのこと。

 

ぷよぷよクエスト(アプリ版)

 カードの1種として登場。今回は所謂御三家ポジションであり最初に手に入るカードの1つとなっている。原作キャラということでメインクエストでは7回ボスとして登場、「リデル」以外にも派生カードが4種(2017/1/17時点)、彼女がメインのストーリークエストがあるなどかなり優遇されている。コンビネーションは共通して「ガールズ」「つの」「魔導学校」を持ち、比較的デッキに組み込みやすくなっている。

 

リデル(☆2~6)

f:id:mulberry218:20170116191639j:plain

 上記の通り最初に選択すれば手に入る他、メインクエストでのドロップや召還Pガチャ、魔導石ガチャなど入手方法は多岐に渡る。リーダースキルはデッキ内の緑属性カードの攻撃力をn倍するもの、スキルは敵全体に自身の攻撃力に比例した属性ダメージを与えるもので、汎用性は高いがある程度進んでくると力不足を感じるようになる。最初のカードという都合上かイメージに反してこうげきタイプに設定されている。☆2~4ではイラストは20thのものの使いまわしだが5,6はオリジナルで、また服装も異なるものとなっている。

 

ふりそでのリデル(☆3~6)

f:id:mulberry218:20170116191646p:plain

 2014/1/8~1/12で開催された「新春おめでたい大漁祭り」の景品として登場。リーダースキルは3連鎖毎に回復が発生、スキルは1ターンのみ味方の通常攻撃を全体攻撃にするというもの。当初は☆5までしか存在しなかったが、後にSQ「リデルと新年の抱負」(詳細は後述)の開催と共に☆6が実装された。

 

おかしなリデル(☆4~6)

f:id:mulberry218:20170116191655p:plain

 2015/10/28~11/1で開催された「第3回ハロウィン祭り」の景品として登場。リーダースキルは緑属性の通常攻撃に限りタフネス貫通にするというもの、スキルはランダムで横1列を緑ぷよに変換するというもの。他のカードと比較するとレベル上げに必要な経験値が大幅に少ない代わりにステータス等の全体的な性能は控えめになっている。2016/10/26~10/30で開催された「第4回ハロウィン祭り」では景品として再登場した他、特攻カードに設定されていた。また、第3回でこのカードを入手していれば2枚目を入手することもできた。

 

剣士リデル(☆5,6)

f:id:mulberry218:20170116191720p:plain

 2016/3/19~3/21の「オールスターガチャ」の目玉カードとして登場。出現率は2%。ガチャ限および目玉カードとしての登場は初。緑ぷよを消したときの連鎖数による火力増減効果を5倍にするリーダースキルと、味方全体の体力を最大の75%回復するスキルを持つ。コストが高めに設定されている代わりにステータスも高めであり強力な1枚。また、コンビネーションは通常のものに加え「剣士」「はばたき」を持つ。余談だが、このオールスターガチャ以降ガチャの目玉カードは10連を10回(計100回)引くことで確実に出るようになった。自分は46回目で出た。

 

リデル ver.ぷよクロ(☆4~6)

f:id:mulberry218:20170116191727p:plain

 2016/12/12~12/18の「ぷよぷよクロニクルコラボガチャ」にて登場。基本的な性能は通常のものと同じだが☆6でのリーダースキル効果が通常では2.0倍なのに対しこちらは2.4倍と上位互換になっている。結局このカードを引くことはできなかったので自分の前ではこのカードの話はしないで欲しい。

 

メインクエスト

「対決!緑のぷよつかい」「挑戦!激辛試練!」「癒しの緑のカギ」「緑のぷよマスター」「あたたかい応援」「先をいそごう!」にてボスとして出現。当然ドロップもする。

 

ストーリークエスト

 「リデルと新年の抱負」では主役として登場。「新年の抱負」として引っ込み思案を克服しようとする、という内容である。また、当初から仲良し設定のあったタルタルとはここで遂に共演を果たしている。「アコールの特別レッスン」では様子がヘンになった生徒たちの1人として登場。アコール先生のことを「センコー」と呼ぶ姿は衝撃的である。「アリィのありえない!?冒険」では「リデル団」を名乗るパプリスから「いやし 可愛い リデル様」として崇められている(わかり手)。ただし本人は嫌がっており、その後すぐにリデル団の解散を宣言した。

登場するストーリークエストと話数

アコールの特別レッスン3456、めざせ!大人の魔法使い4、シグのおまつりめぐり1,アリィのありえない!?冒険4

 

ぷよぷよクエスト(AC版)

 キャラクターの1人として選択できる。こちらではかいふくタイプに設定されている。カードとしては2015/1/1~1/13で開催されていた「リデルの楽しいお正月」では景品として「ふりそでのリデル」が、2016/10/26~11/1で開催された「おかしなハロウィンタワー」では景品として「おかしなリデル」が登場、2016/10/19~10/25では金の神殿の目玉カードとして「剣士リデル」が登場した。

 

ぷよぷよテトリス

登場するステージ

5-8、6-5、9-2

 まさかの非参戦でストーリーのみの登場。5-8では一人見知らぬ地に飛ばされてきたようで、ドラコケンタウロスの姿を見て寂しさのあまり幻を見ていると勘違いする。20thの話は無かったことにされてはいないようだが、ドラコには存在を忘れられているようだ。6-5ではアミティの思い出の幻として最初に登場。設定が蔑ろにされがちなぷよぷよでは珍しく仲良し設定が活かされている。9-2では力を求めてシグを追うシェゾの前に現れる。シェゾにシグの事を教えるよう迫られるがそれを拒否、その途端周囲に大量のテトリミノが出現する。ステージをクリアすると今度は謝った後シェゾの元から逃げ出す。

 会話のみの登場ということで出番は少ないが立ち絵は20thと異なるオリジナルのものとなっている。

 

・ぷよタッチ

 EX7-4を☆3でクリアすることで入手できる「リデルスタンプ」とキャラスタンプ350を消費することで使用できるようになる。実装当初はボイスが無かったが後に追加された。チョイたしの方向は←↓でのせやすさは4。

 

・小説版

 「アミティとふしぎなタマゴ」に登場。空を飛ぼうとトレーニングを続けるタマの助けになったらと栄養のある食べ物を振舞った。が、トウガラシ入りの激辛ダンゴと苦い青汁であったためタマやアミティの口には合わず、文字通り泣く泣く食べる羽目になった。一応アミティの独白によると料理自体は上手なようである。

 

・ヴァイシュシュヴァルツ

 2016/2/4にぷよぷよ関連のカードの登場に伴い彼女のカードも収録された。関連カードは全部で4種類存在するが、ここでは詳細は割愛。

 

ぷよぷよクロニクル

連鎖ボイスは20thと共通

 

とっても人見知りでシャイな性格の女の子。

ツノを見られるのも恥ずかしいらしく、

髪をまいて目立たなくしている。

プリンプ魔導学校の生徒。

 

所持スキル:セレーノ 消費MP 30

味方全体のぼうぎょアップ

味方全体の緑かいふくアップ(レベル3以降)

 

登場するデモ

メインクエスト

ありがとう リデル!

あおの村 ブルーオ

すなと日ざしの村

わすれられた いわば

ヒリヒリ おにおん

サブクエスト

強くなりたいリデル

長期休学の きき

 

 今度はちゃんとプレイアブルでの登場。本格的に発表される前から公式サイトの画像にチラッと写っておりファンを歓喜させた(はず)。ストーリーでは第2章のブルーオの村で初登場。1人で見知らぬところに飛ばされ途方に暮れていたところ一行と遭遇。勘違いで彼女のことを案じた一行に置いていかれたことで一旦別れることになる。その後一行がグリンプを再び訪れた際にブルーオの村長の伝言を伝えるために再開し、ドラコの提案により仲間に加わる。サブクエストでは、クルークと出会った際に一緒に行くように説得している。また、でんせつのぷよマスターにランクアップするためのクエストの内容は「鳥や動物と仲良しだから」ということでブルーペンタンとのぷよ勝負で勝利するというものである。他のキャラ同様勝利後のデモが用意されておりそこでは強くなりたいという胸の内を明かしている。珍しく名前を連呼されるため違和感を感じるかもしれない。

 

以上になります。知らないor確認できないものもあるため全て書ききることはできませんが。まあ何はともあれ、

リデルさんお誕生日おめでとうございます!!

 

 

 

SM1のカード

 SMレギュが開始して早くも1ヶ月が経過します。2000超えが続出したり孵化乱数が解明されたりぷよぷよの新作が出たり5次転職が実装されたりと色々なことがありましたね。本題に入りますが今回はSM1,コレクションサン・ムーンのカードを纏めておこうと思います。もう発売して1ヶ月で需要なさそうですが。

コレクションサン

・アマージョ

特性により進化時に相手の手札を見て1枚選んでトラッシュすることができる。草タイプということで当然巨大植物の森に対応しておりスーパーポケモン回収や退化スプレーで繰り返し特性の発動を狙っていきたい。見てからハンデスなので相手の手札から重要そうなカードだけを狙って落とせるのが偉い。

 

ゴルダック

水1で手札の水エネを2枚までトラッシュしてその数*60点というワザを持つ。瞬間火力は高めだが手札消費が荒く長期的に使うにはカバーする手段が欲しいところ。またにげエネが0なのでゴルダックBREAKの下敷きには最適。

 

・オニシズクモ

特性により炎タイプのポケモンからワザのダメージを受けない。HPは100とそこまで高くなくオカルトマニア等で容易に突破できるもののそれでも厄介なことには変わりないだろう。ちからのハチマキをつければ水弱点相手なら非GX・M進化以外はワンパンできる程度とまあまあの火力。1進化GXの登場により多少増えるであろうブースター(XY7)を使用する際はこのポケモンに注意。

 

・イリマ

お互いのプレイヤーの手札を全て山札に戻し、双方コインを投げオモテが出れば6枚、ウラが出れば3枚それぞれカードを引く。ジャッジマンやNの相互互換のようなカード。決まれば強いがコイン依存で不安定なのがネックか。

 

・ククイ博士

自分の山札からカードを2枚引き、この番自分のポケモンがワザで与えるダメージを20点増やす。サカキの計画と異なり打点補強しながら手札も少し補充できる、と手札枚数にもよるがほぼ上位互換となっている。一概には言えないが状況に左右されないこちらの方が扱いやすいだろう。

 

コレクションムーン

カイロス

無2でコインを投げオモテなら相手のバトルポケモンとついているカードを全て相手の手札に戻すワザを持つ。たね相手だと効果は薄いが進化ポケモン、特にふしぎなアメで進化した2進化ポケモンなどには効果抜群。

 

・クワガノン

特性により自分の番に1度山札から雷・草エネを1枚ずつ自分のポケモンに好きなようにつけることができる。2進化で手間がかかるものの山札から同時に2枚のエネルギーをつけることができるのは魅力。特に草はこれまでエネ加速手段がほぼ無かったため選択肢の1つとして上げられるだろう。ちなみにSM1時点ではデンヂムシは雷タイプしか存在しないため巨大植物の森でクワガノンまで持っていくことはできない。

 

・アローラベトベトン

お互いの場・手札・トラッシュのたねポケモンの特性を消すという特性を持つ。現在だとシェイミEXやボルケニオンEX、ギラティナ(XY-P)等を抑制するのが主な役割になるか。将来強力な特性を持ったたねGXが登場する可能性もあり個人的に期待度が高い1枚。

 

グランブル

妖1無2で50点、このポケモンにダメカンが乗っていれば80点を追加というワザを持つ。ダブル無色に対応しており条件が緩いため奇襲性は割と高い。ただしHPが110しかない(同弾のブルーは70)ため一撃で倒されることもままあるだろう。自分でダメカンを乗せる手段としてはレインボーエネルギー、マグマ団の秘密基地、アリアドス(XY7)等が挙げられる。

 

・ヤレユータン

特性により自分の番に1度自分の手札が3枚になるまでカードを引くことができる。マフォクシー(XY1)やオクタン(XY8)、シェイミEXの互換版といったところか。こちらはたねポケモンでいつでも使用できる分効果は薄い。まあまあ打点が出せる(相手依存だが)ため自分も殴りにいくのが差別化の手段にしやすいか。その場合でも使い勝手が大きく異なるマフォクシーのことを気にかける必要は無いはず。

 

・スカル団のしたっぱ

相手の手札を見てエネルギーを2枚選びトラッシュ。特殊エネも選ぶことができシンプルで強力な妨害カード。ただし最近はトラッシュしたエネルギーを再利用する手段が増えているため逆に利用されないように注意。

 

こんなもんでしょうか。次回からはGXについてはそのパックの記事で書くことにします。

ポケモンGX

 12/9からはポケモンカードも新シリーズ「サン&ムーン」へ移行します。サン&ムーンでは新要素として「ポケモンGX」と「GXワザ」が登場。ここではそれらの説明及びポケモンGXの個別紹介を行います。

 まずポケモンGXの特徴ですが、

・きぜつしたとき相手にサイドを2枚取られる(EXと同様)

・固有のGXワザを持つ

ことが挙げられます。HPもM進化ポケモンに劣らず非常に高い値となっています。たねポケモンと進化ポケモン両方が存在するのもEXと同様ですが、M進化と異なり進化前は普通のポケモンのようです。また2進化ポケモンのGXも存在します。次にGXワザについてですが、対戦中に「GXワザ」を一度しか使えないという制限がある代わりにこれまでのワザとは一線を画するような非常に強力なワザとなっています。現状ではGXポケモンのみが持つと思われます。

 それでは、GXポケモンの個別紹介に移りたいと思います。ここからはいつも通り常態で。

・デカグースGX SM1S

特性で自分の番に一度相手の手札を確認することができる。単純に様子見に、またレッドカードやNを使う際の参考にもなる。通常のワザは無3で100点で効果は無し。GXワザは無1で10点+相手のバトルポケモンについているエネ*50点。相手依存にはなるが色を問わず様々なデッキに入れられる。進化前のヤングースを見せるだけでもエネルギーを集中させるのを躊躇させられるかもしれない。

 

ラプラスGX SM1S

通常のワザは水1で3枚ドロー、水3で160点与え次の番このポケモンはワザが使えなくなる。使い勝手はともかくたねポケモンとしてはなかなか。GXワザは水2無1で100点、相手をマヒにする。他の強力なGXワザと比べると見劣りするのは否めないだろう。ダイブボールに対応し、たねポケモンなのですぐに場に出せる。また、HPは190とGXでは低めだが闘魂のまわしでカバーできる。

 

ソルガレオGX SM1S

新世代を代表する彼らもGXとして登場。自分の番に一度自分のバトルポケモンとベンチポケモンを入れ替える特性を持つ。ポケモン入れ替えと同等の効果であり、デッキを選ばず役に立つだろう。通常ワザは鋼2無1で230点、自身についているエネをすべてトラッシュ。GXワザは鋼1で自身の山札からエネを5枚選び、自分のポケモンに好きなようにつける。特殊エネも付けることができる点に注目。特性、GXワザどちらも汎用性が高く、様々なデッキで活躍が見込めるだろう。

 

・ラランテスGX SM1M

通常のワザは草1で40点、トラッシュの草エネ2枚を自分のポケモンに好きなようにつけるのと、草2無1で120点、自身のHPを30回復。草では珍しいエネ加速ワザを持つ。自身にもつけることができるのでトラッシュの草エネさえ尽きなければ対象には困らないだろう。GXワザは草1で自身についている草エネの数*50点。上のワザと相性がよく上昇倍率も高いのが魅力。GX、M進化でも容易くワンパンできるが逆に上記のデカグースGXに注意。HPが210なので草エネが4枚ついているとぴったり一撃で倒される。逆にこちらの攻撃は10で耐えられてしまう。

 

ルナアーラGX SM1M

特性は自分の場の超エネを自由に付け替えるトランス系。ソルガレオと異なりデッキこそ選ぶもののこちらも便利で強力。通常ワザは超4で120点、次の番このワザを受けたポケモンのHPの回復を封じる。GXワザは超3で相手の場のGXを除くたねポケモン1匹を選んできぜつさせるというもの。GXワザはGXポケモンにこそ効かないものの、特にEXに対して強い圧力をかけられる点が魅力。どちらも超エネのみ指定で次元の谷に対応しない点が気になるか。ソルガレオと進化前を共有しているためレインボーエネルギーを採用するならこちらと使い分けることもできなくもない。

 

・ジュナイパーGX SMA

特性により、自分の番に一度相手のポケモン1体に20点のダメージを与えることができる。複数匹立てたり、巨大植物の森+退化スプレー等の組み合わせたりして一度の番に複数回の発動を狙うことも可能。通常のワザは草1無2で90点。GXワザは草1で自分のトラッシュのカードを3枚手札に加える効果。草タイプということで巨大植物の森を用いて序盤から展開できれば有利に戦うことができる。ただし序盤からHPの高いたねポケモンを複数立てられると厳しい(特にボルケニオン)。余談だが、SMA(スターターデッキ)の発表はゲーム版の公式サイトで御三家の最終進化形が発表される前に行われたためこれが彼らの初のお披露目となった。

 

・ガオガエンGX SMA

通常ワザは炎1で10点、自分のベンチの炎ポケモンの数*20点を追加と、炎2無1で80点、コインを2回投げてオモテの数*50点を追加。どちらのワザもややクセがあるものとなっている。GXワザは炎2無1で200点、相手のバトルポケモンをやけどにする。XYではやけどにする効果が出なかったため実に1世代ぶりの登場となる。ルール変更によりやけど込みで220点与えることができ、一部のGXやM進化ポケモンでも一撃。また大型の炎タイプでは珍しくトラッシュを伴うワザを持たない。

 

・アシレーヌGX SMA

通常ワザは無2で自分の場の水エネの数*20点、水3無1で120点、相手のバトルポケモンのエネを1個トラッシュ。パルキアEX(XYF)やαグロウ持ちでエネ加速すれば大ダメージを狙いやすいか。ハンテール(XY5)と類似したワザであちらとは一長一短。GXワザは無2で自分のポケモン全てのダメカンを取り除くというもの。M進化の登場以降、高HPのポケモンであっても一撃で倒されることは多くなっており、これからはGXワザの登場によりさらにそれが顕著になっていくと思われるため過信は禁物である。

 

カビゴンGX SM-P

通常ワザは無3で80点、自身をねむりにするワザ、無5で180点、自身がねむり状態でなければ失敗というワザ。基本的に後者を狙っていくことになるだろう。ただ不安定なのでスリーパー(XY9)と併用したい。一応相手の妨害にもなるが大概の相手はそもそも一撃で沈むだろう。GXワザは無5で210点、このポケモンをねむりにするというもの。上記のワザでも若干足りない一部のM進化やGXポケモンを一撃で倒すことができる。しかし肝心な時に眠ったままで使えないということになるかもしれない点に注意。このカードはサン・ムーンのソフトの早期購入特典としてついてくるもので、SMシリーズに入る前に手に入るものであり現行のXY、BWレギュレーションでも使えることになっている。

 

・ルガルガンGX SM-P

通常ワザは闘1無1で30点、相手のバトルポケモンのエネを1枚トラッシュするもの、闘2無1で120点与えるもの。若干打点は控えめだが闘ポケモンなので補うのは簡単。GXワザは闘2無1で200点、自身についているエネを2つトラッシュ。場の状況に影響を受けずGXの中では比較的軽量級。GXワザのトラッシュが若干気になるが豊富なサポートでカバーしていきたい。

 

個人的にはGXポケモンのミソはEXメタが効かないことにあると思っています。SM3くらいでGXメタが出るのでしょうが。ゲームもカードも新世代でどのように環境が移り変わってゆくのか考えるのも楽しいですね。

…ただぷよクロと時期が被るのでカードを買えるかは疑問ですが。

きゅーぽけオフ~2016夏の陣~使用構築(レパガッサメタモン)

 きゅーぽけオフ夏の陣お疲れさまでした。前回に引き続き4位という好戦績を出すことができましたので、使用したパーティを記録しておきたいと思います。

f:id:mulberry218:20160828225922p:plainf:id:mulberry218:20160828225943p:plainf:id:mulberry218:20160828230001p:plain

f:id:mulberry218:20160828225818p:plainf:id:mulberry218:20160828230023p:plainf:id:mulberry218:20160828230045p:plain

 今回使用したパーティは所謂「レパルガッサメタモン」です。有名な並びでやることも決まっているので詳しい説明は割愛します。

 

レパルダス

持ち物:たべのこし

性格:おくびょう

特性:いたずらごころ

技:ねこのて/いばる/イカサマ/みがわり

努力値に関してはSぶっぱ、H実数値163にして残りBとしています。素早さが高いことと一致ということでイカサマの火力がまあまあ出ることも意識して動かします。

 

キノガッサ

持ち物:どくどくだま

性格:わんぱく

特性;ポイズンヒール

技:きあいパンチ/まもる/キノコのほうし/カウンター

詳しい耐久は覚えていませんがガルーラの捨身くらいなら耐えます。ラムカゴを予め潰したりガルーラ等の相手をさせたり、クッション(捨て)にしたりと用途は多岐に渡ります。みがわりを貼られて詰むこともあるので扱いは慎重に。攻撃に全く振っていないのできあいパンチの火力が若干足りなかったりもします。

 

メタモン

持ち物:こだわりスカーフ

性格:れいせい

特性:かわりもの

技:へんしん

当然Hぶっぱで他は適当です。めざ岩個体。面倒ですがガモス入りに対して表裏選出問わず動きやすくなるのでちゃんと厳選しましょう。相手のパーティにサーナイトヘラクロス辺りがいてもこのポケモンで削っておけば問題なく突破できます。相手側の耐性がおざなりになっていることもあるので削りどころか(威張るによるお膳建て無しで)3タテすることも。

 

・ガルーラ

持ち物:ガルーラナイト

性格:やんちゃ

特性:きもったま

技:ねこだまし/すてみタックル/れいとうビーム/ふいうち

Aぶっぱ、Cは耐久無振りのガブリアス確一まで、残りはBに振っています。ねこすてみにAぶっぱの火力、特殊技も搭載と欲張った構成。ふいうちを炎技に変えるのもアリ。

 

ボルトロス(化身)

持ち物:オボンのみ

性格:ずぶとい

特性:いたずらごころ

技:ボルトチェンジ/でんじは/めざめるパワー(氷)/くさむすび

物理耐久はガルーラのねこすてみ耐えくらいだったかな?アローに対してクッションとして投げたりゲッコウガやゲンガーに電磁波を入れたりが主な役割。最後の技枠はきあいだまやちょうはつ辺りも候補ですが火力も大して出ないのに命中不安な技を使うのも嫌なのでくさむすびにしました。ちょうはつも十分候補です。

 

・ゲンガー

持ち物:いのちのたま

性格;おくびょう

特性:ふゆう

技:シャドーボール/ヘドロばくだん/きあいだま/みちづれ

特筆することもないCS振りのアタッカー型です。草タイプや妖ボイス勢、ガルーラやヘラクロスに強く出られます。一度も選出しませんでしたが。

 

よく知られた並びのためあまりパーティのことを長々と書いても仕方ないので表・裏選出の基準でも記そうと思います。

「これらのポケモンのうち一匹でもいたら基本的に裏選出をする」というようなポケモン

ネイティオ

・エーフィ

ヤミラミ

・アブソル

チルタリス

ジャローダ

エルフーン

ウルガモス

ニンフィア

 マジックミラー持ちをはじめとしていばサマでも突破が困難なポケモンたち。ヤミラミはメガかどうかパーティを見て考えましょう。メガでなければ問題なくハメることができますので。ウルガモスメタモンで対応できなくもないのでこの中では楽な方です(実際オフでも一度出てきましたが表選出のメタモンで突破しました)。

 

 「相手のパーティ次第、これらのポケモンが複数いたら裏選出をする」というようなポケモン

・その他草勢

カイリュー

ヘラクロス

サーナイト

ルカリオ

グライオン

・化身ボルトロス

ファイアロー

カイリュールカリオグライオンフシギバナ辺りはセットになっていることが多いため片方がいたらもう出せないということが多いです。草勢ではナットレイキノガッサをよく見かけますがどちらもこちらのガッサで見ることができるので致命的という程ではありません。サーナイトチルタリスニンフィアと比べるとイカサマが等倍、物理耐久も低めなのでメタモンで削っておけば対処できます。ヘラクロスはガルーラと異なりイカサマ半減なのであちらより対処しにくくなります。ボルトは上からでんじはを入れられると辛いし、ちょうはつやみがわりだと憤死します(メタモンがいるので詰みというほどではありませんがかなりきついでしょう)。アローはレパルの上を取っている場合はもちろん、そうでなくともラム・挑発持ちも一定数いるので要警戒。

 

やや面倒だけどあまり表選出の障害にはならないポケモン

・イカサマ抜群の草

・ガルーラ等イカサマ等倍以上の連続技持ち

ボーマンダ

ミミロップ

カバルドン

多少運が絡むもののパンプジン等はイカサマ抜群の時点で対レパルガッサを担うには厳しいと言わざるを得ないでしょう。何故か先発では出てきにくいのでその場合は受け出し読みでみがわりを貼れば楽に対処できます。ほぼ運も絡みません。次にガルーラ等の連続技持ちですがレパルダスとのタイマンにおいて確率上こちらが有利を取れ、仮に突破されても裏のメタモンの起点にできるのでさほど苦しいとは言えません。ボーマンダはボイスを持っているか否かで全て決まります。ミミロップは(ガルーラでも同様ですが)ねこだましを撃って草やゴーグル持ちに引く、というような動きを繰り返されると苦しいです。ただ、キノガッサでも対応は可能です。アンコールは勘弁。カバルドンは砂でたべのこしが潰れ、ゴツメの削りダメージもあるため上手く受け回されると辛い展開になります。

 

肝心の戦績についてですが、予選では4-2で1位抜け。試合消化が早めに済み同勝利数となりそうな方々には直接対決で勝っていたため安心して待っていました。…ブロック内に上記の「これらの内一匹でも~」「相手のパーティ次第~」のポケモンが片手で数えられるほどしかいなかったため、正直誰が使っても余裕で抜けられたと思います(選出画面で何度もうわって言われました)。ちなみに負け試合はどちらもレパルを一撃で倒せるポケモンメタモンガッサに死に出しからみがわりを貼ってきたため仕方ない負けだったかなと思います。決勝トーナメントではベスト16から始まり準決勝(ベスト4)まで勝ち進むことができましたがここで砂ダブチョガブという非常に辛い相手が出てきたのに加え、上手いことバンギと受け回しをされたためあえなく敗北。3位決定戦ではサナボルトガルにも屈せず表選出をしたのですが、(経過は省きますが)弱い択を採った結果挑発ゲンガーという思わぬ伏兵の前に敗北。準決勝はともかく、3位決定戦は勝ちえた試合だと思っているので悔しい結果となりました。とはいえ、最近使い始めたパーティでここまで残ることができたのは嬉しいです。前回はベスト8(じゃんけんで5位に)、今回は4位と順調に戦績を残せているので次回はもっと上を目指したいと思います。最後に、見にくい文章を長々と書き連ねましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。6世代も残り短いので悔いの残らないよう楽しんでいきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mulberry218:20160829004346j:plain

景品としてこのかわいいみがわりのニットを頂きました。(蒸れて暑い)

f:id:mulberry218:20160829004359j:plain

友人のA君も同じニットを持っていたのでツーショット。

彼とはオフ前日に冗談で「決勝で会おうぜ!」と言い合った(僕は他にも3人ほどに同じセリフを言いました)のですが、僕は準決勝、彼は決勝まで勝ち進んだのでもう少しで実現するところでした。まあ彼が使ったのがクレッフィボルトゴーリだったので実現してもホヒの嵐みたいな決勝になったのでしょうが。

おわり

がおーれ

 今月からポケモンの新しいアーケードゲームポケモンガオーレ」が稼働開始しました。前々から興味があったのですが映画でマギアナのディスクを貰ったのと家から歩いて5分くらいのところに置いてあることを知ったので実際にプレイしてみました。

 

 100円で1回のバトルorディスクを即時排出、またバトルで相手のポケモンを捕まえた場合はさらに100円投入することでそのポケモンのディスクが手に入ります(つまり100円だけではバトルしてかつディスクを入手することはできない)。肝心のバトルですが、要約すればタイミングよくボタンを押して攻撃or防御、あとは技を出すときなんかに連打して応援するというものです。自分と相手のポケモンは2体ずつ登場し、相手のポケモンを2体とも倒せばゲットのチャンスとなります(片方しか倒せずに全滅しても倒したポケモンのゲットチャンスは起こる)。タイミングよくレバーを倒すことでモンスター、スーパー、ハイパー、マスターボールのいずれかを投げます。当然後の方が捕獲率も高い(はず)ですがそのタイミングが難しいですね。これをマスターすれば幸せになれそうなのですが。無事捕獲に成功すれば前述の通り100円を投入することでそのポケモンのディスクを入手できます。ディスクには捕まえたボールも描かれているのでモンスターボールでグレードの高いポケモンを捕まえたディスクは価値が高そうですね。バトルが終わった後100円をさらに投入することで次のバトルに進みます。多分続けてバトルをすればレアなポケモンが出やすくなるものと思われます。投入せずにやめる場合もう一度ゲットチャンスが訪れます。3つの草むらが表れるのでタイミングよくレバーを倒せば3つのうちのどれかに入っているポケモンをゲットできます。僕は初回でブリガロンが出たので100円投入してディスクにしました。

f:id:mulberry218:20160721024316j:plain

 

マギアナより強い(こなみ)

意外と長い文章になりましたが、タイミングと連打が大事ということです。割と色んなところにあるみたいなので皆さんもよければプレイしてみてはいかがでしょうか。ちなみに近くのオモチャ屋さんではボルケニオンのディスクを4000円で買い取りしているようでした。これも始めた理由の1つなのですが。

余談

 

 

 

f:id:mulberry218:20160721024334j:plain

映画が終わった後にポケセンに寄ったらマギアナのぬいぐるみマスコットがあったので買いました。かわいい

その後配布されていた黒いレックウザを受け取っていたところ小学生くらいの女の子にポケモン交換を申し込まれました。3DSを渡すよう促されボックス見せてと言われたので3DSを渡した後何を欲しがるのだろうとビクビクしていたのですが(ちなみに彼女のボックス内はメロエッタディアンシーが大量にいました)結局欲しいと言われたのはミラクルで貰った変な性格、低個体値の色違いイーブイだったので無事で済みました。一応僕が被害者なのですが傍から見れば小さい子と老け顔の男子学生なので通報されたら負けると思います。

f:id:mulberry218:20160721024418j:plain

その子から貰ったポケモン。当然0v

その後タッチペン失くすしガオーレ初回ではコイキングにすら逃げられるし散々だ